自由民主党長崎県支部連合会
令和元年 組織委員会活動方針

新たな時代を迎え、元号が変わっても、わが党を支えて頂いているのは、地域支部、職域支部、友好団体であり、そこに所属する地方議員、党員、党友である。
 地道な日常活動における組織力の強化と信頼関係のもと、党員獲得も目標の25,000名を上回ることができ、九州各県連のなかでも2位の党員数であり、党本部においては5年連続の優秀党組織として表彰され、銅賞を受けることが出来た。
 傘下の組織と党員のおかげをもって組織が成り立っていることに改めて感謝の念を持ち、且つそのことを肝に銘じ、おごることなく、これからも地域や団体の声を、党運営や政策提言に繋げる活動を展開しつつ、わが党の政策を理解してもらい党勢拡大と組織の強化に引き続き努めるものである。
地域に根ざした国民政党、未来を担う責任政党として国民・県民の負託に応えるために真摯に取り組むことを約束し活動方針とする。


1.党員獲得運動の展開
(1)本年度党員獲得目標 25,000名
 ①28年度獲得党員数 24,085名 目標達成率  96.3%
 ②29年度獲得党員数 24,531名 目標達成率  98.1%
 ③30年度獲得党員数 25,489名 目標達成率  102 %

(2)本年度党員継続率100%を目標
 ①28年度継続党員数 21,880名 継続率 91.1%
 ②29年度継続党員数 22,199名 継続率 92.2%
 ③30年度継続党員数 22,667名 継続率 92.4%



2.既存支部の整備強化
(1)現在の支部結成状況
   ①地域支部数 59支部(13市8町)
 ②職域支部数 33支部
 ③衆議院選挙区支部 4支部、参議院選挙区支部 2支部
   ④地方選挙区支部(県・市議会議員) 36支部
 ⑤組織委員会の下部組織である青年部・青年局、女性局の育成

(2)市町村合併に伴っての、地域支部の育成強化
①全市町に地域支部を設置完了し、空白支部を解消する
②複数の市・町で合併した市・町に応じた状況のもと、地域支部連絡協議会を結成し、既存の地域支部をそのまま残す

(3)全支部での定期大会開催
①各地域・職域支部組織の育成強化を目的として支部大会を開催


3.地域支部と職域支部及び支援団体との連携強化
(1)県連執行部と連携のうえ、支部長・幹事長会議を開催
 ①地域支部との関係を強化し、各級選挙の折、支援体制を強化
 ②県連と職域支部との連携強化を計る

(2)支援団体との懇談会開催
 ①支援団体と交流・懇談会を開催し、職域支部の結成を推進


3.各級選挙の必勝体制の確立
(1)本年7月施行予定の参議院選挙をはじめとする、各級選挙の必勝体制の確立

自民党の挑戦に、
 あなたの力を。

党員を募集しております。

組織委員長  中島 浩介
組織副委員長 久保田将誠
組織副委員長 山下 博文






組織委員会へのお問い合わせ・ご入会はこちら⇒Tel:095-822-7382
メールでのお問合せは⇒こちら

【受付時間】平日:9:00 - 17:30

長崎県庁

長崎県議会

お問合せ

長崎県議会
自民党佐賀県支部連合会 自民党熊本県支部連合 自民党大分県支部連合
自民党宮崎県支部連合 自民党鹿児島県支部連合 自民党沖縄県支部連合