トピックス一覧
topicks

4月30日、自民党県連は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、長崎市などにクラスターも発生していることから、知事に対しコロナ対策の緊急要望を行いました。
要望では、長崎市について状況次第で国に「まん延防止等重点地区」に申請することを検討するとともに、クラスターが発生している繁華街での一斉PCR検査や飲食店の見回り指導、飲食店や宿泊施設の感染防止徹底のための認証制度(山梨モデル等)の検討を県民に適切な周知をしながら進めること。また、医療体制の維持のため、従事者の宿泊施設の確保、必要な機材の確保、併せて救急隊員や公共交通機関の運転手、幼保育所の職員などエッセンシャルワーカーのワクチン優先接種を求めました。
さらに、経済再生への施策も着実に進め、必要な事業をさらに検討するよう要望しました。

中村法道知事は時短要請などの効果を見ながら次の段階も視野に入れている。長崎市内の夜の繁華街のクラスター対策として市が一斉PCR検査の調整を図っていることを明らかにし、認証制度についても関係業界が一体となって対策を講じる体制の必要性を認めました。また、県内各業界でどのような対策が求められるか各課に状況把握を指示し対応を図っていくと応えました。



4月26日、長崎県建設業協会と県連政調会との県振興局再編に関する意見交換会を行いました。

現在、県南地区にある長崎・県央・島原の振興局については、行政改革や建物の耐震性の問題があり、今後諫早地区に集約される計画があります。県では、広く意見を聴取していますが、地区、業種によっては様々なご意見もあり、今回建設業協会の各地区の支部長にご意見をお伺いしました。

災害時、緊急時に距離が遠くなる点から、現場での対応が難しくなるのではないかという心配が強く、現場に関わる仕事は専門の担当者を置く土木事務所の機能が必要だと意見がありました。再編は、メリットデメリットはあるものの、住民サービスをいかに維持するかが1番であり、これらの問題解決のために建設業協会の皆様の意見も反映できるよう県連としても県に働きかけていきます。

自民党本部は、新型コロナウイルスのワクチン接種について特集した機関紙「自由民主」の号外を発行しましましたので、ご覧ください。

追って、選挙区支部・自民党県議・各支部からペーパーベースで配布予定ですが、ご希望の方は県連事務局までお申し付けください。



⇒機関紙「自由民主」はこちら(PDFが開きます)

331日、本県選出金子原二郎参議院議員は、参議院本会議で、栄えある国会議員在職25年表彰を受賞されました。
その様子が、「参議院インターネット中継」の録画でご覧出来ますので、ご案内いたします。

●参議院インターネット中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

左メニューのカレンダーより
→「3/31」を選択
→「本会議」をクリックすると、動画が表示されます。(タイムコード6:30〜約14分程度です。)

319日、2月議会が最終日を迎え、令和3年度当初予算をはじめとした議案が成立しました。
特に、当初予算及び令和2年度2月補正予算については、自民党県連は、これまでもお伝えしてきましたが、コロナ対策をはじめとした産業の振興や県民の安心安全への施策について、県内の様々な団体、市町から広くご意見や要請をいただき、県に対して要望、協議を繰り返してきました。
今回は、予算の概要、ポイントについてお知らせしますのでご覧ください。

⇒ピックアップの資料はこちら(PDFが開きます)

⇒全文の資料はこちら(PDFが開きます)

5月20日、長崎県旅行業協会から要望がありました。
旅行業協会は知事認可の事業所が県内に44社あり、大きい所は100人規模の従業員を雇用していて、今回のコロナ感染拡大により事業継続が大変困難な状況です。
そのため、事業継続と従業員の雇用確保のための支援金、コロナ対策事業に係る諸委託事業の確認作業や事務処理等アウトソーシングへの協会としての参画、GoToトラベル後もアフターコロナ、ウィズコロナを見据えた継続した支援等を要望されました。
また、感染防止の安全対策に関する認証制度についても、県が全県的に積極的に働きかけるなどの対応を図られます。自民党としても基幹産業でもある観光業、旅行業への効果ある支援対策の実現に努めていきます。

今大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京会場での参加は国会議員のみ、大会代議員は各県連からリモートで参加することになりました。

つきましては、党員の皆さまはじめ多くの方にご視聴いただくようご案内します。

【第88回自由民主党大会の生中継】

  • ●ニコニコ生放送(公式)
  • 配信日時:2021321日(日)14時より

配信URLhttps://live2.nicovideo.jp/watch/lv330764789


  • ●自民党ホームページに党大会当日に掲載される党大会バナーからもご視聴いただけます。
  • 自由民主党HP:https://www.jimin.jp/

2月25日、自民党県連は、日本旅館協会及び長崎県旅館ホテル生活衛生同業組合から要望を受けました。
新型コロナウイルス感染症感染拡大のため、国のGo Toトラベル事業は休止されていますが、県内の旅館ホテル業は宿泊客の激減のため大変厳しい経営状況です。また、観光業は、本県の基幹産業で裾野が広く、農林水産業、商業はじめ多くの業種の皆さんがご苦労されています。要望では、地域内でのGo Toトラベル事業の早期再開と固定資産税・都市計画税の猶予・減免の延長を、国・県が取り組むよう自民党県連の支援を求めるものです。
県連外間幹事長は、感染防止、安心安全を確保しながら、観光はじめ経済の活性化も図っていきたい。
前田政調会長からは、先週自民党本部と行ったリモート意見交換会でも下村政調会長に地域限定のGoToトラベル事業の先行実施を要望し、党としても政府に積極的に働きかけると回答をいただきましたが、県連としては、本日の要請を受け、改めて自民本部に要望活動すると応えました。
今後とも感染防止と経済復興の難しい舵取りではありますが、皆さまの声を国・県に届け必要な施策が講じられるよう努めてまいります。



1月21日に長崎市の㈱リベロテックジャパンと諫早市の㈱美泉さんから、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の中、現場で活躍されている看護師の皆さまにと、マスク1千枚が贈呈され、本日2月12日、看護連盟から両社に感謝状が渡されました。
このマスクは、ウイルスを不活性化する銅繊維を編み込んだ画期的なもので県内2社が共同で開発しました。県看護連盟の山口ミユキ名誉会長、久米春代会長らは、厳しい医療の場で頑張る看護師の命と健康を守るために貴重なマスクをいただき、皆とても感謝している。心の込もったマスクへの、看護師のアンケートも今後お返しし、看護現場と会社の両者が一緒になってコロナを克服しようと、熱いお礼の気持ちを話されました。自民党県連は、今回のご厚意のやりとりを仲立ちさせていただきましたが、看護師はじめ医療従事者を守り、コロナ対策に奮闘する県内企業の皆さまもより一層支援してまいります。



2月12日、長崎県土地改良事業団体連合会他から自民党長崎県連に対し、「防災重点農業用ため池の整備促進県費負担率の嵩上げについて」の要望があり、三役が受けました。
県内には、対象「ため池」が約900か所あり、豪雨、台風のためにため池が崩壊等した場合、下流の田畑、住宅等に甚大な被害が発生します。これに対応する「ため池特措法」が昨年10月に制定され、令和12年度までの緊急対策として農家負担をなくし、財政措置により、県・市町の会員負担も減少されます。県連としては、県民の生命、財産を守る重要な施策であることから、制度改正による事業が促進されるよう働きかけてまいります。